わたしの競馬ノート

買わない予想はまあまあ当たる

2020天皇賞(秋) アーモンドアイの快勝を見たいが、負けそうな気がしなくもない。

今年の天皇賞断然人気のアーモンドアイ。

この2週間の流れ3歳クラシックで無敗の三冠馬が牝馬も牡馬も誕生した。

どちらも断然人気。

秋華賞のデアリングタクトは1.4倍。菊花賞のコントレイルに至っては最終的に1.1倍。単勝元返しになるんじゃないかという人気ぶり。

この流れを注げばおそらく断然人気のアーモンドアイもしっかりと勝ってくれるだろうと思いたい。

ところが、だ。

一抹の不安がどうしてもある。

それは今年の凱旋門賞。

断然人気を背負ったエネイブルが見せ場もなく負けるという結果になった。

昨年から大分落ち目にはなっていたような気はしたが、今年のメンバーであれば確実に勝てるんじゃないかと世界中のエネイブルファンが思っていたはずだ。

新旧交代というわけでもないけれど何か一つ時代が終わったようなそういう感があった。

そのエネイブルとアーモンドアイが被って見えて仕方がない。

 

ということで、勢いのあるクロノジェネシスから入ってみる。

それとソットサス的な馬はどれか?フィエールマンなんていいのではないか。

そして、やはり天皇賞。武豊のキセキは押さえなければならない。この馬もピークはとうに超えた感はあるけれど、ちょっと気にしておく。

キセキとフィエールマンに2000mはちょっと短いかもしれないが。

当然のことながら、アーモンドアイは押さえはします。

 

他には、

センバになった初戦の毎日王冠をサリオスの2着に食い込んだダイワキャグニー。

人馬共に復活のウインブライトと松岡正海。

 

ところで、断然人気の女王牝馬が負けたレースとして凱旋門賞を挙げたけれど、それが、この天皇賞なのかジャパンカップになるのか、有馬記念になるのか、はたまた、ただの妄想なのかはここでは触れないでおく。

 

そんな感じ。